>

近所との触れ合いを大切に

助け合いの気持ちを持つ

皆さんは日頃から近所の方とのふれあいはありますか。
集合住宅に住んでいる方は特に、頻繁に会う近所の人との何気ない会話や多く作ってしまった料理をあげたりもらったり、そのような近所付き合いをしていますか。
今現在住んでいる方も近所付き合いがない方は少なくないでしょう。
ひどい場合は隣に誰が住んでいるかすら把握してない人もいると言われています。
震災の際に近所との助け合いは必要不可欠です。
もし自分の子供がとても小さく非難することがとても大変な家庭の場合近所の人が一人でも助けてくれれば、安心する気持ちはとても大きいものでしょう。
日頃から多少の会話を交わすぐらいの中になっていれば、近所の人に協力してもらいやすくなりますし、近所付き合いは本当に必要な事なのかもしれません。

インターネットの情報よりも近所の人の情報

自然災害が起きて最も深刻な問題とされている一つとして何者かによってデマ情報を流しインターネット上で大きく拡散され被災されている人たちがとても動揺してしまうことです。
今の世の中はインターネットが多く服用されているので、遊び半分で流したことも簡単に大きく広がってしまう可能性があるのです。
被災された方々は心身ともに疲れ切っています。
すぐにネットの情報を信じ切るきることをやめ、同じ環境に置かれた近所の方々との情報交換を大切にしていきましょう。
そしてもしわからないことがあれば直接市役所や警察に相談することもよいとされます。
誰が書いたかもわからないインターネットの情報は疑う気持ちを持つことが必要とされます。


この記事をシェアする