>

どんなことがあっても大丈夫なように心掛ける

家族全員が避難場所を把握する

皆さんは自然災害が起きた際、避難しなければいけなくなった場合どこに避難するかご存知でしょうか。
これはとても大切なことで必ず家族で話し合うべきことでしょう。
最も多いのが近くの公園に避難場所として看板が立てられてあったり、自分の家から最も近い学校が避難場所ということがとても多いです。
震災が起きた際に家族がバラバラな場所にいた場合も最終的にはここに集まろうという家族の約束事を決めておくことが大切です。
自分の家族は生存しているのかをいち早く知るための対策として良いことでしょう。
急にくるのが自然災害です。
そんな時に慌てずに行動をとるためにも大切な家族の避難場所を決めていることは余計な不安を取り除いてくれることでしょう。

すぐに避難できる環境作り

皆さん自分が寝ている寝室には懐中電灯など置いてありますか。
おいて無い方がほとんどかもしれません。
大きな地震が来ると、生活に不便なことが起きやすくなります。
最も震災時に不便なのが電気が止まる停電です。
もしも大きな地震が夜中に来た場合、足元が全く見えなくなって非難すること自体が大変になってきます。
停電になった時のために懐中電灯など寝室のどこかに決まって置いておくことが必要でしょう。
そして次の日の服を前の日の夜に用意しておく習慣をつけていれば、避難する際にとりあえず洋服一式がすぐ揃えることができているので便利かもしれません。
何事も震災が起きた時のために事前に用意する習慣をつけておくことが良いでしょう。


この記事をシェアする