どんなことがあっても大丈夫なように心掛ける

家族全員が日ごろから食事の時間などを利用して災害時の事を考えるのもたまには必要なことかもしれません。 家族全員が知っていれば実際に起きてしまった時に役立つ最低限の約束事や習慣を考えていきましょう。 災害時に役に立てばよい事は何があるでしょうか。

事前にできることをする事が大事

最近日本では様々な自然災害が増えてきています。
それらには様々な原因がありますが、どちらにしても自然災害とは急に起きてもおかしくないものばかりで、特に日本では地震大国と呼ばれるほど、地震が多い国と言われています。
印象に強い阪神淡路大震災、あの時は火災がとても多く、高速道路が崩れ横たわっている姿がとても印象的です。
そして連日のニュースでまるで地獄絵図のような、実際に起きているとは思えないよほど悲惨な状態となった東北大震災。
被災地はまるで津波に飲み込まれ、車や家が簡単に飲み込まれている姿は、同じ日本で起きていることとはまるで思えないほどのものでした。
その後も熊本の震災で熊本城が一部崩壊し、現在も修理作業は終わっていません。
最近起こった北海道の震災は、土砂崩れが起き地震後の山々を見ると土砂崩れによって山の木たちは滑り落ち、見るも無残なものになっていました。
この地震により北海道の天気が一気に消えて、長い停電が被災者を苦しめたようです。
このように様々な自然災害は急に起こるのです。
こんな時に必要なものを鞄に入れ冷静な判断で避難できるでしょうか。
自分が住んでいる所は地震が来ないかのように錯覚している方はとても危険です。
いつなんどきどんなことが起きても最善な行動に取れるように、どのようなことをしていれば良いのでしょうか。
家族でもっと話し合わなければいけないことや、自然災害に備えて用意しておくべきものは何なのか了解していきましょう。

地震大国だからこそ知っておく

ここ日本では自然災害の中で最も多いのは地震です。 そんな地震がきた時にどのような行動をするのが一番なのでしょうか。 家族全員が最低限の知識を持つことは必要でしょう。 いざ震災が着た時の事を考えて無駄のない行動をしないようにするために、知っておきましょう。

近所との触れ合いを大切に

今自分が住んでいる家の近所にどのような人が住んでいるか、どれだけ把握していますか。 災害が起きた時に、自分と家族の安全が確認できた時点で、お年寄りや小さなお子さんを助けられるような人になりたいですよね。 その為には日ごろからご近所の人とのコミュニケーションは必要不可欠です。

おすすめリンク